養老保険の特徴

通帳生命保険にはいくつか種類があります。それぞれの特徴を抑え、経済状態や必要に合ったタイプの保険を選びましょう。ここでは、代表的な製麺保険のひとつである養老保険の特徴について考えます。

養老保険は、定期保険と同じように保障期間が定められている生命保険です。ただし、定期保険とはちがい、満期金が受け取れるというメリットがあります。しかも、受け取れる満期金の額は、保障期間中に万が一のことがあった場合に受け取れる額と同じです。養老保険は保険料が高めの傾向がありますが、貯蓄効果という点では秀でているといえるでしょう。

さらに、満期が来る前に解約をすると解約金が戻ってきます。解約金の金額は、タイミングによってはこれまでに収めた総額より少なくなってしまう可能性がありますが、大部分が戻ってくる可能性があり、この点、定期保険よりも有利であるといえるでしょう。

どんな場合に養老保険がおすすめなのかというと、経済的にゆとりがあり、満期金は自分の老後のために使いたい、という場合です。終身保険と違い、保険期間が満了すると満期金が出るため、貯蓄代わりに加入する人が多いです。また、保障機能がついているという点で、個人年金保険よりも秀でています。

終身保険の特徴

スケジュール終身型の生命保険とは、保険期間が定められておらず、保障が一生涯続くタイプのものです。保険料の支払いは、60歳満了、65歳満了、一生涯など、いくつかのタイプから選ぶことができます。支払期間が短ければ短いほど、支払いの総額は安くなる傾向にあります。終身保険の支払い方法は一括、年払い、月払いなどがあります。一般に、月払いよりも年払い、年払いよりも一括払いがお得になります。

終身保険のメリットは、貯蓄効果があることです。終身保険は保険料が高めに設定されていますが、途中で解約したい場合、解約返戻金として、これまで支払っていた保険料が大部分戻ってきます。支払期間満了間近になると、これまでに支払った保険料よりも若干多めに戻ってくることも。そのため、いつかお金が必要になったときのための貯金として終身保険に入っておく、という人もいます。また、保険金を支払い終えれば、保障が一生続くというのもメリットです

デメリットを挙げるとすれば、保険料が高めなことでしょう定期保険の場合は年齢が若ければ若いほど保険料が安くなるのに対し、終身保険の場合年齢が若くても高めの保険料を支払わなければなりません。では、終身保険はどのような場合におすすめなのでしょうか?メリット、デメリットを考えると、終身保険は、経済的にゆとりのある場合に貯金を兼ねて加入しておくとよいといえるでしょう。また、財産を確実に残すこともできるでしょう。

定期保険の特徴

生命保険をムダに支払っていないか見直しをするために、生命保険の種類を知っておくのは良いことです。ここでは、生命保険の中でも代表的なもののひとつである定期保険の特長についてお話します。

夫婦定期型の生命保険とは、一定の期間内に死亡した場合のみ保険金が支払われるというものです。たいていは10年か20年単位で加入します。期間が満了すると、更新するかどうかの選択をすることになります。定期保険の満期がきて更新した場合、これまでよりも保険料が高くなるのが普通です。なぜなら、保険料は加入、あるいは更新したときの年齢によって設定されるからです。年齢が上がれば上がるほど生命保険にお世話になる可能性が高くなるため、保険料も高く設定されるのです

また、知っておきたい点として、定期型の生命保険は満了時の返戻金がある場合とない場合があります。返戻金がないものは、その分保険料が安めな傾向があります。しかし、返戻金がないということは貯蓄効果がないということでもあり、デメリットでもあります。定期保険がおススメなケースは、短期間だけ生命保険に加入したい、という場合です。たとえば、30歳で結婚したとします。万が一自分に何かがあった場合、残された家族が生活していけるだけの貯蓄がないなら、10年間の生命保険に入っておいて、40歳までに貯蓄するという手があります。満期がきて更新するかどうかは、そのときの貯蓄の状態をみて決めればよいでしょう。

生命保険を見直そう

家いざというときのために入っておく生命保険。これは、いろいろある保険の中でも代表的なものです。生命保険とは、簡単にいえば保険の対象になっている人が亡くなった場合、受取人として指定されている人に対して保険金が支払われるというもの。死亡保険とも呼ばれます。

生命保険にはいくつかの種類があり、それぞれに違った特徴があります。ここで、生命保険の種類について考え、自分に合ったものに加入できているかどうかチェックしてみましょう。

生命保険には、定期保険終身保険養老保険、定期保険特約付終身保険、子ども保険、個人年金保険、変額保険などがあります。この中でも代表的なものは終身保険、定期保険、変額保険、養老保険です。こんなに種類が多いと、いったいどれに加入すればいいのか分からなくなってしまう方が多いでしょう。それぞれ何が違うのかというと、保険期間、保険金は一定かどうか、満期金の有無、解約返戻金の有無です。生命保険を見直すに当たって、これらのポイントをチェックするとよいでしょう。

生命保険は、加入している保険の種類をときどき見直すことで、払いすぎを防ぐことができます。生命保険料の払いすぎにより、家計が圧迫されているケースも見受けられます。保険料の支払いに追われ、生きている間にゆとりのある生活が送れないのでは悲しすぎます。今一度生命保険を見直してみましょう。もしかしたら、経済的にもっとゆとりのもてる選択肢が出てくるかもしれません。

参考>>>保険見直し
保険見直しの無料相談ができるサービスです。