定期保険の特徴

生命保険をムダに支払っていないか見直しをするために、生命保険の種類を知っておくのは良いことです。ここでは、生命保険の中でも代表的なもののひとつである定期保険の特長についてお話します。

夫婦定期型の生命保険とは、一定の期間内に死亡した場合のみ保険金が支払われるというものです。たいていは10年か20年単位で加入します。期間が満了すると、更新するかどうかの選択をすることになります。定期保険の満期がきて更新した場合、これまでよりも保険料が高くなるのが普通です。なぜなら、保険料は加入、あるいは更新したときの年齢によって設定されるからです。年齢が上がれば上がるほど生命保険にお世話になる可能性が高くなるため、保険料も高く設定されるのです

また、知っておきたい点として、定期型の生命保険は満了時の返戻金がある場合とない場合があります。返戻金がないものは、その分保険料が安めな傾向があります。しかし、返戻金がないということは貯蓄効果がないということでもあり、デメリットでもあります。定期保険がおススメなケースは、短期間だけ生命保険に加入したい、という場合です。たとえば、30歳で結婚したとします。万が一自分に何かがあった場合、残された家族が生活していけるだけの貯蓄がないなら、10年間の生命保険に入っておいて、40歳までに貯蓄するという手があります。満期がきて更新するかどうかは、そのときの貯蓄の状態をみて決めればよいでしょう。