生命保険を見直そう

家いざというときのために入っておく生命保険。これは、いろいろある保険の中でも代表的なものです。生命保険とは、簡単にいえば保険の対象になっている人が亡くなった場合、受取人として指定されている人に対して保険金が支払われるというもの。死亡保険とも呼ばれます。

生命保険にはいくつかの種類があり、それぞれに違った特徴があります。ここで、生命保険の種類について考え、自分に合ったものに加入できているかどうかチェックしてみましょう。

生命保険には、定期保険終身保険養老保険、定期保険特約付終身保険、子ども保険、個人年金保険、変額保険などがあります。この中でも代表的なものは終身保険、定期保険、変額保険、養老保険です。こんなに種類が多いと、いったいどれに加入すればいいのか分からなくなってしまう方が多いでしょう。それぞれ何が違うのかというと、保険期間、保険金は一定かどうか、満期金の有無、解約返戻金の有無です。生命保険を見直すに当たって、これらのポイントをチェックするとよいでしょう。

生命保険は、加入している保険の種類をときどき見直すことで、払いすぎを防ぐことができます。生命保険料の払いすぎにより、家計が圧迫されているケースも見受けられます。保険料の支払いに追われ、生きている間にゆとりのある生活が送れないのでは悲しすぎます。今一度生命保険を見直してみましょう。もしかしたら、経済的にもっとゆとりのもてる選択肢が出てくるかもしれません。

参考>>>保険見直し
保険見直しの無料相談ができるサービスです。