終身保険の特徴

スケジュール終身型の生命保険とは、保険期間が定められておらず、保障が一生涯続くタイプのものです。保険料の支払いは、60歳満了、65歳満了、一生涯など、いくつかのタイプから選ぶことができます。支払期間が短ければ短いほど、支払いの総額は安くなる傾向にあります。終身保険の支払い方法は一括、年払い、月払いなどがあります。一般に、月払いよりも年払い、年払いよりも一括払いがお得になります。

終身保険のメリットは、貯蓄効果があることです。終身保険は保険料が高めに設定されていますが、途中で解約したい場合、解約返戻金として、これまで支払っていた保険料が大部分戻ってきます。支払期間満了間近になると、これまでに支払った保険料よりも若干多めに戻ってくることも。そのため、いつかお金が必要になったときのための貯金として終身保険に入っておく、という人もいます。また、保険金を支払い終えれば、保障が一生続くというのもメリットです

デメリットを挙げるとすれば、保険料が高めなことでしょう定期保険の場合は年齢が若ければ若いほど保険料が安くなるのに対し、終身保険の場合年齢が若くても高めの保険料を支払わなければなりません。では、終身保険はどのような場合におすすめなのでしょうか?メリット、デメリットを考えると、終身保険は、経済的にゆとりのある場合に貯金を兼ねて加入しておくとよいといえるでしょう。また、財産を確実に残すこともできるでしょう。