養老保険の特徴

通帳生命保険にはいくつか種類があります。それぞれの特徴を抑え、経済状態や必要に合ったタイプの保険を選びましょう。ここでは、代表的な製麺保険のひとつである養老保険の特徴について考えます。

養老保険は、定期保険と同じように保障期間が定められている生命保険です。ただし、定期保険とはちがい、満期金が受け取れるというメリットがあります。しかも、受け取れる満期金の額は、保障期間中に万が一のことがあった場合に受け取れる額と同じです。養老保険は保険料が高めの傾向がありますが、貯蓄効果という点では秀でているといえるでしょう。

さらに、満期が来る前に解約をすると解約金が戻ってきます。解約金の金額は、タイミングによってはこれまでに収めた総額より少なくなってしまう可能性がありますが、大部分が戻ってくる可能性があり、この点、定期保険よりも有利であるといえるでしょう。

どんな場合に養老保険がおすすめなのかというと、経済的にゆとりがあり、満期金は自分の老後のために使いたい、という場合です。終身保険と違い、保険期間が満了すると満期金が出るため、貯蓄代わりに加入する人が多いです。また、保障機能がついているという点で、個人年金保険よりも秀でています。